2018年2月28日 18時40分

詐欺被害相次ぐ

詐欺被害が続いています。県警によりますと2017年9月、那覇市に住む70代の女性が「医療費の還付金がある」と、市役所の職員や銀行員などを装ったうその電話で、銀行のATMに、現金約100万円を振り込む詐欺にあいました。

銀行の防犯カメラなどの映像から、神奈川県横浜市に住む18歳の少年が窃盗の疑いなどで2月27日、逮捕されています。少年は容疑を否認しています。

また、27日、20代の女性が「有料動画の未納料金がある」などと嘘のメールを受けて、コンビニの端末から電子マネーの利用権、約30万円分をだまし取られています。警察では注意を呼びかけています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.