2018年1月10日 18時28分

融資名目で総額1億4300万円詐欺で男逮捕

融資名目で総額1億4300万円詐欺で男逮捕

だまし取った額は総額1億4000万円あまりに上っています。多額の融資ができるとうその話で金融コンサルタント業の56歳の男が再逮捕されました。

警察によりますと逮捕されたのは金融コンサルタント業の宮城久夫容疑者(56)で2015年6月下旬、那覇市に住む不動産会社の社長から現金5300万円をだまし取った疑いがもたれています。

宮城容疑者は「軍用地主会の番頭なので5000万円を預ければ5億円の融資ができる。会社の役員にすれば10億円の融資も可能」と会社社長にうその話を信じ込ませ現金をだまし取っていました。

警察の調べに対して宮城容疑者は「だましたつもりはありません」と容疑を否認しています。

宮城容疑者は同様の手口で現金8000万円をだまし取ったとして3カ月前に逮捕されていて、警察のその後の捜査で今回の事件が発覚。逮捕はこれで3回目となり総額で1億4300万円の被害が出ています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.