2018年1月5日 11時57分

青果の初競り

青果の初競り

那覇市の中央卸売市場では2018年の初競りが行われ、市場には威勢のいい掛け声が響き渡りました。

午前6時から始まった中央卸売り市場の初競り。県内の青果市場では201710月の台風や2017年12月からの冷え込みで年末から品薄傾向が続いていて、初競りの1月5日も上場された青果は去年に比べ3割ほど少なくなりました。

仲買人は「全体的に高かったですね。やっぱり」「(去年は)天候の影響もあったので、全体的に出方がちょっとおかしかったりしたので、今年順調にいってもらえれば助かります」と話していました。

市場関係者は正月以降、天候も持ち直していることから今後は、県内の青果の生産量も安定してくると見ています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.