2018年12月21日

県民投票 市町村で足並み乱れも

辺野古埋め立ての賛否を問う「県民投票」。2019年2月の実施に向けた各市町村の動向が佳境を迎えています。 県民投票を実施するための補正予算を巡って、浦添市議会は紛糾しました。先週の議会では否決されましたが、松本市長がやり直しを求めたことで21...続きを見る

東村高江 着陸帯の工事再開で混乱

東村高江では、オスプレイが使う着陸帯の工事再開に向けた資材搬入が始まり、沖縄防衛局と反対する住民たちが衝突する緊迫した事態となりました。 東村高江区の米軍施設前には、工事を阻止しようと、反対する人たちが朝から大勢集まりました。 資材を載...続きを見る

誇り胸に 戴帽式

那覇市の専門学校では21日、医療従事者としての決意を誓う戴帽式が行われました。 那覇市の専門学校大育では毎年、生徒たちが医療業界で活躍することを願って戴帽式を行っています。21日は、厳粛な雰囲気の中、歯科衛生士科で学ぶ42人の生徒が参加しました。...続きを見る

数久田米軍流弾事件 区長が防衛局に抗議

今年6月、名護市数久田の農作業小屋からアメリカ軍の流れ弾が見つかった事件で、20日、区長らが防衛局に抗議しました。 この事件はことし6月、名護市数久田の農作業小屋で、アメリカ軍の実弾射撃訓練の流れ弾が見つかったものです。 20日、数久田区の...続きを見る

おりがみツリー点灯式 子どもたちの願い灯す

19日、南風原町の病院で、入院中の子どもたちが作ったクリスマスツリーの点灯式が行われました。 県立南部医療センターのロビーに鮮やかに点灯されたのは、その名も「おりがみツリー」。このツリーは、入院中の子どもたちやその家族が、願いを込め、一つ一つ丁寧...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.