2018年12月3日

Qプラススポーツ部 NAHAマラソン ジョガーを「救いながら走る」

こんばんは、スポーツをお伝えします。沖縄師走の風物詩「NAHAマラソン」。那覇では最高気温が27度を越える暑さの中、ジョガーたちが南部路を駆け抜けました。その中には、ジョガーたちを「救いながら走る」存在もいました。 熱きジ...続きを見る

記者解説 民間桟橋使う問題点

キャスター:ここから久田記者とお伝えします。民間の桟橋での土砂の積み込み、そして海への土砂投入も日程を発表するという急展開に驚きました。国の狙いはどこにあるのでしょうか。 久田記者:はい、政府には、「これ以上の話し合いは必要な...続きを見る

辺野古土砂投入14日に 政府が発表

政府はついに、辺野古の埋め立てに向けた土砂の積み込み作業を始めました。14日には土砂を投入するものとみられます。 岩屋防衛大臣は「3日、埋め立て土砂の積み込みにかかる事業が整ったことから、安和桟橋において埋め立て土砂の積み込み作業を開始したところ...続きを見る

積み込み現場の安和は

一方、突如土砂搬出の現場となった名護市安和は、朝から慌ただしい状況になりました。 国が土砂を船に積み込むため、使用している安和の桟橋は琉球セメントが管理しているものです。実は国が埋め立てに使う土砂を採っているのは、この桟橋のすぐそば。国はこの採石...続きを見る

歳末たすけあい募金に協力を

早いものでもう師走。歳末たすけあい運動が始まり、琉球銀行が県共同募金会に20万円を贈呈しました。 歳末たすけあい募金は、新年を迎えるこの時期に、支援を必要としている人たちが、安心して暮らせるようにと実施されています。県共同募金会を訪ねた琉球銀行の...続きを見る

辺野古土砂積み込み開始

政府は、辺野古の埋め立てに向けた土砂の積み込み作業を3日から始めました。また14日には海上への投入を始めるとしています。 名護市安和にある琉球セメントの桟橋では3日午前9時半ごろから、船に土砂を積み込む作業が始まりました。 岩屋防衛大臣は、...続きを見る

NAHAマラソン翌朝恒例 クリーン作戦

およそ2万5000人のジョガーが駆け抜けたNAHAマラソンから一夜、3日、会場周辺では地域の人による清掃活動が行われました。 かりゆし長寿大学校同窓会などがNAHAマラソン翌朝に行っているクリーン作戦には一般参加者も含めて265人が参加しまし...続きを見る

県警が冬服に衣替え 身も心も一新

12月、最初の月曜日となる3日、県警の警察官の制服が衣替えしました。県警では全国で最も遅い毎年12月に冬服への衣替えを実施しています。 冬服は濃紺のブレザーに夏服には無いネクタイが特徴です。3日朝行われた服装点検では、県警本部の警察官106人...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.