2018年4月12日

お散歩プラス #1 粟国島

きょうから始まる新コーナーです。わたしたちQプラスのキャスター陣が県内各地を訪ねる名付けて「お散歩プラス」。記念すべき1回目は、わたし、金城美優です。これから私が向かうのは粟国島。 那覇から北西におよそ60キロ。船でゆられるこ...続きを見る

中継 ゴールデンウィークにいかが?

さて、4月も半ば。待ちに待ったゴールデンウィークが間もなくですね。リポーターの比嘉夏希さんがうりずんのこの季節に、とっても気持ちが良さそうな体験をしているそうです。それでは呼んでみましょう、夏希さーん。 「お馬さんの上からこんにちはー。私は今...続きを見る

普天間基地返還合意から22年

世界一危険と言われながら使用され続ける普天間基地。返還合意から4月12日で22年となりました。しかし、返還の時期はまったく見通せないだけでなく、所属機の事故やトラブルで県民の不安は増しているのが現状です。 橋本総理(当時)「普天間飛行場は、今...続きを見る

県議会会派「おきなわ」が県民投票で会見

辺野古新基地建設の是非を問う知事発議の県民投票の実施を呼び掛けてきた県議会の与党会派「おきなわ」は、知事退院後に調整を検討すると発表しました。 県議会の与党会派「おきなわ」会派長の瑞慶覧功議員は、辺野古新基地建設の是非を問う県民投票について、これ...続きを見る

かりゆし長寿大学校 入学式

毎年、人気のかりゆし長寿大学校が今年も始まりました。 「学業に励み、自己開発に努めることを誓います。講師の先生方や関係者の皆様方のご指導をよろしくお願い申し上げます」 2018年度、かりゆし長寿大学校に入学したのは男性81人、女性111人の...続きを見る

「元全学徒の会」結成へ

沖縄戦で県内の学生たちが学徒隊として動員された歴史を残すため来週、『元全学徒の会』が結成されます。どんな思いが込めれているのでしょうか。 宮城さん「私は木刀を持って、外に出てふるい立ったんです」 1945年、沖縄戦での日本軍の兵力不足を補う...続きを見る

返還合意から22年 一日も早い返還を

普天間基地の日米返還合意から12日で22年です。11日に会見を開いた佐喜眞宜野湾市長は、一日も早い返還の実現を求めました。 佐喜眞市長は会見で、「この22年間、危険性は放置され続け、連日深夜にまで及ぶ米軍機騒音などの過重な基地負担により、市民の不...続きを見る

落下物防止のための合同検問

近年増えている高速道路での落下物防止を呼びかけるため12日、検問が実施されました。 警察によりますと、県内の高速道路では2017年度、車のタイヤやバンパーなどの落下物が約3000件と、前の年度を約1000件上回っています。 また、こ...続きを見る

機動警察通信隊 指名式

災害や事故が起きた時に現場での通信手段の確保を任務とする「機動警察通信隊」が12日、士気の高揚をはかりました。 県警本部での指名式で、機動警察情報通信隊の島田孝治隊長は、「日頃から知識・技能の習得に努め、災害や事故等の重大事案発生時には、迅速...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.