1 / 212

2018年2月20日

Qプラスリポート 県内企業の外国人採用(2)

先週もお伝えした「県内企業の外国人採用」。外国人観光客の増加や企業のグローバル化などで、今、高い技能を持つ外国人の採用が県内でも増えています。今回は県内のIT企業。5カ国語を話せる外国人社員が活躍していました。 オフィスで、タイのクライア...続きを見る

沖縄稲作発祥の地 「親田御願」に込めた願い

稲作の発祥の地・南城市玉城百名では、毎年恒例の伝統行事「親田御願」が行わました。 山川拓也さん「いい米が育てれば最高です」 青空の下、南城市玉城百名の「受水走水」にある「親田」と呼ばれる田んぼで苗を植える3人の男性。これは、...続きを見る

比嘉大吾選手に県民栄誉賞

2月、地元沖縄で2度目の防衛を果たしたボクシングWBC世界フライ級王者の比嘉大吾選手と師匠の具志堅用高さんに、県民栄誉賞が贈られることが決まりました。県民栄誉賞は、広く県民に希望と活力を与えた個人や団体に贈られるもので、今回で6回目です。 会見で...続きを見る

クラウンK 入院中の子ども達を訪問

病気と闘う子どもたちに道化師が“笑い”を届けました。病院を訪問する道化師のことを「ホスピタル・クラウン」と呼ぶそうですが、病院に子どもたちの笑顔があふれました。 鮮やかな衣装に赤い鼻!風船を巧みに操りながら、辺りに笑いを生み出していきます。 ...続きを見る

サンゴ移植許可の撤回を要請

新基地建設が進む辺野古の工事海域のサンゴ移植について、2月20日に新基地建設に反対する市民らが県を訪ね、国に与えた許可の撤回を要請しました。 2月16日、県は新基地建設の工事が予定される海域に生息する絶滅危惧種「オキナワハマサンゴ」を別の場所に移...続きを見る

安慶田元副知事に退職金 満額支払い決定

いわゆる口利き疑惑の元副知事に、1059万円の退職金が満額で支払われます。 教員採用試験などを巡る口利き疑惑で、県は2017年2月に安慶田元副知事の退職金の支払いを差し止めていましたが、2月19日付で1059万円を満額で支払うことを決めました。 ...続きを見る

高校野球春季大会組み合わせ抽選会

夏の甲子園に向けた沖縄大会の前哨戦です。3月21日に開幕する県高校野球春季大会の組み合わせ抽選会が北中城村で行われました。 組み合わせ抽選会には、出場64校63チームの監督や主将が出席。春の初戦の相手が決まりました。 大会は第1シードの沖縄...続きを見る

わらべ唄・三線で「しまくとぅば」を学ぶ

わらべ唄や三線を通して学んだしまくとぅばを高校生が披露しました。 将来、福祉の道を志す中部農林高校の福祉課では、高齢者とのコミュニケーションに役立てようと、2017年9月から約半年間、わらべ唄普及研究家の宮城葉子さんを講師に迎え、三線の演奏でしま...続きを見る

MESHが来月運航再開へ

資金難によって、運航を休止していた民間ドクターヘリMESHが3月に運航を再開させると発表しました。 運航再開の会見で塚本裕樹理事長は「小濱先生の遺志を引き継ぎ、新体制で運航再開に臨みたい」と話しました。 2017年4月から北部12市町村から...続きを見る

山城議長ら 無罪を求める署名提出

東村高江でのヘリパッド工事の抗議活動で、防衛局の業務を妨害した罪などに問われている平和運動センター議長の無罪を求める署名を支援団体が那覇地方裁判所に提出しました。 この裁判は高江での抗議活動中に防衛局の職員にけがをさせたなどとして、平和運動センタ...続きを見る


1 / 212

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.