1 / 212

2018年1月23日

Qプラスリポート 名護市長選挙の「争点」

来月4日に投開票を迎える名護市長選まで、およそ2週間。辺野古新基地建設が選挙戦の最大の争点となる選挙ですが、現職新人の一騎打ちの様相を呈しています。 しかし、今回の選挙、辺野古新基地の「争点」がはっきりしているわけではありません。なぜなの...続きを見る

米軍また小学校上空を飛行か

最大限飛ばないと約束された学校上空での飛行が確認された普天間第二小学校の上空で、1月23日午後、再び、学校の上空と疑われるヘリの飛行が確認されました。 これはQABの取材カメラが午後5時7分に普天間第二小学校と普天間基地を分ける境界線付近で捉えた...続きを見る

宜野湾市議会も意見書・抗議決議

アメリカ軍機の相次ぐ事故に抗議し、宜野湾市議会は1月23日、事故原因公表までの飛行停止などを求める抗議決議を全会一致で可決しました。 桃原朗基地特委委員長「米軍は『安全でない航空機は飛ばさない』として飛行を継続してきた。そのような中、またしてもこ...続きを見る

南洋戦訴訟 原告側の訴え退ける

戦争被害者の声に、裁判所は原告側の訴えを退けました。 この裁判はパラオやサイパンなど、南洋諸島やフィリピンで戦争に巻き込まれ、家族を失ったり被害を受けた45人が国に対し、謝罪と損害賠償を求めているものです。 これまでに原告側は、国は現地に住...続きを見る

こどもの国の子ゾウ「琉美」死ぬ

沖縄こどもの国の人気者アジアゾウの「琉美」が死んだことがわかりました。 会見で沖縄こどもの国の高田園長は「本当に悲しいご報告をしなければならないことになりました。大きくなることを沖縄の皆さんに見守ってもらいたいと思っていましたので悔しい思いです」...続きを見る

まぶいぐみ写真展

県内の写真家らで構成される「まぶいぐみ」による写真展が始まっています。 「沖縄の海」をテーマにした今回の写真展では、報道カメラマン2人の写真が紹介され、新基地建設が進められている名護市辺野古の海や海の生き物たちの写真など55点が展示され、沖縄の海...続きを見る

去年の船舶事故 過去5年で最少

2017年1年間、県内での船の事故が過去5年間で最少となったことがわかりました。 第11管区海上保安本部がまとめた、2017年1年間の県内の船の事故は60隻と、前の年より22隻減少し、過去5年間で最も少なくなりました。 また、海で事故に遭っ...続きを見る

大宜味の中学生シークヮーサーで商品開発

中学生が自分のまちの特産品をPRしました。 大宜味中学校の1年生が開発したのは地元・大宜味産のシークヮーサーを使った「酢」、その名も「SKS+S」です。 商品を開発したきっかけは、大宜味産のシークヮーサーが大量に廃棄されている現状を知った大...続きを見る

ANA航空教室ミライつく~る

夢を持って努力することの大切さを学んでもらおうと、23日にANAグループによる航空教室が開かれました。 2017年から全国の小学校を対象に開かれている『ミライつく~る』。今回は上間小学校の6年生72人が参加し、空の旅を支える仕事を体験しました。 ...続きを見る

高校・中学軽音楽系クラブコンテスト

軽音楽に親しむ中高生。いわゆる「けいおん」人気は県内でも幅広くあります。そんな中、県内「けいおん」ナンバーワンを決めるコンテストが1月21日に開かれ、出場者が青春のビートを響かせました。 2018年沖縄で初めて開催された「We are Sneak...続きを見る


1 / 212

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.