2017年12月30日 11時54分

宜野湾市役所前で市民大会

宜野湾市役所前で市民大会

度重なるアメリカ軍機の事故に抗議する市民大会が29日に宜野湾市で行われました。相次ぐアメリカ軍機の部品落下事故などに抗議する市民大会にはおよそ600人が参加し、怒りの声をあげました。

緑ヶ丘保育園の保護者は「子どもたちに堂々ともう大丈夫だよ、空からは雨しか落ちてこないよと言えるように私たちは行動していきます」と訴え、参加者は「孫たちの安全を守るのはおじいちゃん、おばあちゃんの仕事と考えています」「すぐに幼稚園とかそういう所の上を飛行するのはやめてほしい」と話していました。

大会では保育園や学校上空でのアメリカ軍機の飛行禁止を求める大会決議が採択され、安心できる教育環境を求めていくことを確認しました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.