2017年11月30日 18時40分

2020の主役たち #5 重量挙げ 3人で挑む五輪への夢

2020年東京オリンピックでの活躍を目指す県内アスリートを紹介する2020の主役たちです。

屋良一郎選手「今年で大学卒業して社会人になる。環境も変わりますけど目指しているのは一つなので」

オリンピックへの目標を語る沖縄国際大学4年・ウエイトリフティング部の屋良一郎選手。そして、共に汗を流す知念光亮選手と仲西弘一選手。彼らは重量挙げの年の全国高校総体の覇者でもあり、世界選手権にも出場経験のある選手たちです。

大学4年間、3人はずっと一緒に切磋琢磨し、練習に励んできました。

2020の主役たち #5 重量挙げ 3人で挑む五輪への夢

東京からのスカウトを断り、3年前沖縄国際大学に入学した3人。彼らの入学に合わせ、ウエイトリフティング部が創設されました。

知念光亮選手「これから沖縄国際大学のウエイト部として新しく伝統を作っていく仲間で、3人で世界を目指したい仲間です」

2020の主役たち #5 重量挙げ 3人で挑む五輪への夢

3年前にそう語った彼らは常に上を目指し、努力し続けました。大学でも数々の大会に出場し、成績を残してきました。しかし…。

10月に行われた「えひめ国体」。県代表として、屋良選手と知念選手が出場しましたが、屋良選手は試技の際、自身、初めての失格となります。

選手「ここが自分のマックスなんですけど、ここで決めの動作なんですけど、この段階で右だけ動作の段階で緩みが出るんですね。これは自分のフォームではあったんですけど、それが二重動作という意味でとられて、赤が付いたという感じです」

今までずっとこのスタイルでやってきた屋良選手。初めて受けた失格の判定に、動揺しました。

屋良選手「自分の中では絶対取ったっていう気持ちがあったので、赤が付いた時には何でって思いました。本当に真っ白になった」

2020の主役たち #5 重量挙げ 3人で挑む五輪への夢

一方、腰に怪我をしての大会出場となった知念選手は納得のいかない4位の結果でした。

知念選手「練習中に痛めてしまって。痛めてから2カ月は経つんですけど。これからまだウェイト人生長いので、ここで後に引きずってしまうような怪我をしてしまうとだめだなというのもあって、周りからの意見もあって(最後の試技は)棄権させてもらいました」

2020の主役たち #5 重量挙げ 3人で挑む五輪への夢

世界選手権へと繋がる大事な大会だっただけに、2人の悔しさは大きかったものの、逆にこの経験が今後につながるものともなりました。

屋良選手「今までフォームの練習が足りなかったんだな、こういうしっかりとした細かい所までやらないとこれからは戦えないんだなと思って。反省する所とこれからの課題が見えたので、それだけはよかった」

知念選手「悔しいというよりも今後に向けて我慢の試合だったのかなと。初心に帰るっていうわけではないんですけど、練習でもケアが大事なのかなと思って。怪我をしない選手が強いので」

そんな2人を近くで見てきた仲西選手も、2人の存在が頑張る糧となっています。

仲西選手「同級生でありながら尊敬できる存在なので、自分も負けないように頑張らないといけないなと思います」

2020の主役たち #5 重量挙げ 3人で挑む五輪への夢

苦い経験を力に変えた選手達、彼らの視線は2020年に向けられています。

屋良選手「東京オリンピックに出るというのを自分の中で一つ持って、これからも練習を頑張りたいと思います」

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.