2017年11月26日 11時57分

衝突漁船の船長ら2人が無事に沖縄へ

衝突漁船の船長ら2人が無事に沖縄へ

パラオ沖で遭難したマグロはえ縄漁船「第一漁徳丸」の船長たちが、25日沖縄に戻り空港で出迎えた家族や関係者から喜びの声がわきました。

25日夕方、沖縄に帰って来たのは「第一漁徳丸」の船長・玉城正彦さんと機関長・嶺井秀和さんで那覇空港では出迎えた家族や漁協関係者がふたりの無事を喜びました。

船長の玉城正彦さんは「捜索にかかわった皆さんには大変ご迷惑をおかけしまして申し訳ないと思っています」と話し、機関長の嶺井秀和さんも「(沖縄に帰ってこれて)ほっとしました」と安堵の声を漏らしました。

玉城船長の娘、美衣奈さんが「嬉しいっていうのもありますし、今までみんなが探してくれたことにすごい感謝しています」と感謝の言葉を述べると嶺井機関長の妻・ひとみさんも「ずっと信じてました。絶対帰ってくると」と話していました。

今回の遭難事故では船長ら7人が一時行方不明となりましたが全員が救助されています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.