2017年8月13日 17時54分

米軍ヘリ墜落から13年 平和の尊さ訴える

米軍ヘリ墜落から13年 平和の尊さ訴える

アメリカ軍のヘリ墜落事故から2017年8月13日で13年です。現場となった沖縄国際大学では平和の尊さを考える集会が開かれました。

総合文化学部2年生の具志美沙さんは、「13年前の惨事が起こったこの学び舎に立つ沖国生だからこそ伝えるべきことは今を生きる私たちが声を大にして未来に生きる人たちに平和の尊さを伝え、世界に発信し、またその責任を負うということです」と、壇上で挨拶しました。

13年前の8月13日、沖縄国際大学の構内にアメリカ軍の大型ヘリが墜落し炎上。集会で前津榮健学長は「墜落の惨事と理不尽な事故処理への憤りの記憶を受け継ぎ、普天間基地の即時閉鎖・撤去を求める」と訴えました。

また、沖縄戦や事故の悲惨さを伝える朗読会も行われ平和の尊さへの思いを新たにしていました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.