2017年8月11日 18時28分

米軍の説明に理解 オスプレイの飛行を容認

米軍の説明に理解 オスプレイの飛行を容認

墜落の原因はいまだわからないままです。オーストラリア沖で墜落した普天間基地所属のオスプレイ。飛行自粛を求めていた防衛省は8月11日、アメリカ軍の説明を追認する形で飛行を容認しました。県民からは不安と反発の声があがっています。

街の声「本当だったら、自粛じゃなくて(飛行を)やめてほしいっていうわけで…信じられないことですよね」「ひどいと思います。本当に」

アメリカ軍はオスプレイに安全な飛行を妨げる機械的・構造的な欠陥はなく、部隊の隊員全員に安全や運用の手順を徹底させ「安全な飛行は可能である」と防衛省に説明。防衛省も理解できるとし飛行を容認しました。

街の声「だいたい間違いですよ。100パーセント、そういうことを認めること自体が」「あっちの人がこっちの人がみんな飛んでもいいよみたいな、うやむやな中で言っているからね」「しょうがないのかなっていうのが正直なところですね」「どこに落ちるかわからないっていうのは不安ではありますよね」

アメリカ軍の説明を追認する形での飛行容認に、県民の抗議の声が高まるの必至です。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.