2017年7月10日 18時26分

迎撃ミサイルPAC3 訓練公開

迎撃ミサイルPAC3 訓練公開

北朝鮮による相次ぐミサイル発射を受け、自衛隊は10日、地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」の訓練を行い、報道陣に公開しました。

この訓練は、北朝鮮による弾道ミサイルの発射が相次ぐ中、ミサイル対処能力の向上を目指し行われたものです。訓練では、航空自衛隊知念分屯基地に置かれているPAC3を、陸上自衛隊南与座分屯地へと運び込んで組み立て、問題なく作動するか確認が行われました。

こうした訓練が県内で公開されるのは沖縄にPAC3が配備された2013年以降初めてで、航空自衛隊は、訓練を公開することにより、「県民の安心感の醸成に寄与できると考えている」とコメントしています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.