2017年6月30日 18時25分

警察かたる詐欺が多発 劇で注意呼びかけ

警察かたる詐欺が多発 劇で注意呼びかけ

言葉巧みに現金をだまし取る悪質な詐欺が相次いでいます。

お年寄りを対象に劇で注意を呼びかけました。

「うんじゅの口座から60万円、不正に引き下ろされているんですよ」今回の劇は警察官などをかたる詐欺が相次いでいることから企画されたものです。

不正な引き出しがあると警察役の男の連絡の後、金融庁役の別の男が自宅を訪ねキャッシュカードをだまし取るという内容です。

「これが被害に遭っているキャッシュカードで間違いありません」新しいカードが来るまで割り印をした封筒に保管してほしいと伝え印鑑を準備している間にすり替えてしまいます。

県内では警察をかたる不審な電話がこれまでに10件以上確認されています。

劇を見た人は、「キャッシュカードを交換してね、封筒に入れたりするところですね。もう、びっくりです」と話していました。

豊見城警察署生活安全課の喜久里教富課長は、「警察官とか金融庁の職員が口座番号を聞いたりキャッシュカードを預かったり、暗証番号を聞いたりは絶対にありませんので、早めに警察に相談、通報という形をとっていただきたいと思います」と注意を呼び掛けていました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.