2017年5月31日 18時35分

めざせ甲子園!(3)西原高校

女子部員最後の夏

めざせ甲子園3校目のきょうは「西原高校」です。チームには、甲子園を目指す女子部員がいました。

めざせ甲子園!(3)西原高校

西原高校、最後の夏にかけるテーマは「一発勝負」

何事にも一発勝負。一瞬一瞬を大切に、チーム一丸となって練習に励んでいます。そんな西原高校には、男子部員に混ざり、小さな体で懸命に野球と向き合う〝球児〟がいました。

女子野球部員の、金城妃月さん。男子部員の中でたった一人の女子部員。最初は練習についていくだけで必死でした。

めざせ甲子園!(3)西原高校

金城妃月選手「体力面でも人より遅れたり、筋トレでも(ダンベルを)持てなかったり同じメニューをこなしたいという気持ちがある中、できない状況がとてもきつかったです。」

妃月さんが野球を始めたのは、小学4年生のころ。幼馴染であり男子部員の石原昌奈君に誘われたのがきっかけでした。

石原昌奈選手「いつも一人で自主練とかしていたんで自分が少しでも力になってあげればいいなと思いました」

石原君に悩みをうちあげながら、毎日練習に励んできた妃月さん。そんな彼女の存在は、チームにある変化をもたらしました。

めざせ甲子園!(3)西原高校

石原昌奈選手「妃月がうまくなる分他の周りの人も負けてられないなって闘争心をしっかり与えたと思います」

練習に励む妃月さんの姿は、「何かを理由に」して、あきらめないという闘争心を仲間に抱かせたのです。

浦崎佳斗選手「男子顔負けの凄い選手なのでしっかりそこは同じ目線で戦っています」

金城妃月選手「メンバーもきついトレーニングをしている時こそハイタッチしてくれたり、頑張れって声かけてくれたりしてくれたのでそこがきつくて泣きそうな時でも最後までやってこられたと思います」

めざせ甲子園!(3)西原高校

金城妃月選手「ただいま」

妃月さんの家に飾られた、新聞の切り抜き。家族のの宝物です。

母・蘭さん「そもそも反対だったので野球をやるのが女の子だし、女の子らしく育ってほしいというのがあったので」

祖母・廣美さん「苦しい苦しい練習も重ねてなんのメリットがあるのと辞めなさいと」

家族に反対されても、金城さんの野球への思いは変わりませんでした。家に帰ると欠かさず行う自主練。メンバーと肩を並べて戦えるように、毎日必死に練習してきました。

めざせ甲子園!(3)西原高校

1年の秋から書き始めた反省ノートも、3冊目に。ここまで妃月さんが頑張ってこられたのは、「大学で野球がしたい」というしっかりとした目標があったからです。

祖母・廣美さん「小さい体なのに一生懸命目標に向かって頑張っているんだっていうこの子の強い意志をみて凄いなと誇りに思える孫」

母・蘭さん「今は尊敬しています娘を。野球があってよかったなさせてよかったなっていうのは一番ですね」

めざせ甲子園!(3)西原高校

金城妃月さん「周りの人の支えがあったからこそこうやって今野球ができていると思っているので、それをプレーとか将来的に恩返しできたらいいなと思っています」

家族や仲間に支えられ、懸命に頑張った2年半。チームのため、メンバーのため、妃月さんと西原ナインの夏が始まります!

石原昌奈選手「妃月の分までしっかりみんな一つになって頑張っていきたいと思います」

粟国克哉主将「妃月のためにも1・2年生や漏れたメンバーのためにも絶対に勝ちたいなと思っています」

金城妃月「この2年半みんなで支え合いながら頑張ってきたのでみんなと一番長い夏にしたいと思っています」

「絶対甲子園行くぞ!オー!サザエのお腹は滑り台!」

めざせ甲子園!(3)西原高校

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.