2017年2月18日 17時54分

ネットバンキング不正送金 約1000万円の被害

ネットバンキング不正送金 約1000万円の被害

今月14日、県内の法人がインターネット上の銀行・ネットバンキングの口座から、およそ1000万円を不正に引き出される事件が発生しました。

県警によりますと、14日午後2時ごろからおよそ30分の間に、県内企業の口座から外国人名義と思われる県外金融機関の10の口座へ10回にわたって、不正送金がありました。

送金を受けた銀行側が不審な送金に気づき発覚したもので、手口については調査中だということです。

今回の事件での被害額は989万円にのぼっていて、2016年1年間に県内で起きたネットバンキングによる不正送金事件の被害総額797万円を超える額となっています。

警察ではウイルス対応ソフトを導入するなどの対策を取ってほしいと呼び掛けています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.