10 / 21« 先頭...91011...20...最後 »

2017年2月16日

きょうから確定申告始まる

2月16日から全国一斉に確定申告が始まりました。 26日から始まった確定申告。2016年県内で確定申告をした人は18万1000人あまりで、17年連続で増加していますがこのうち半数以上の10万6000人あまりがインターネットを使って申告できる「e‐Ta...続きを見る

NTT「電話お願い手帳」社協に贈呈

耳や言葉が不自由な人のコミュニケーションの支援に役立てて下さいと2月15日、電話会社が県社会福祉協議会に「電話お願い手帳」を贈りました。 「電話お願い手帳」は、耳や言葉が不自由な人が外出先で電話をかける際に近くの人に手帳を見せて協力をお願いするもので...続きを見る

わった〜バス党 新たに11社入党!

県民にもっとバスを利用してほしいと「わった~バス党」に新たな企業が加わり2月15日県庁で認定式が行われました。 県民の路線バスに対する意識を変え、より多くのバス利用を促そうと結成されている「わった~バス党」。 15日の認定式では新たに加わっ...続きを見る

2017年2月15日

毛糸で紡ぐ絆~気仙沼にマフラーを~

Qプラスリポートです。2011年の東日本大震災から来月で6年になります。県内には、発災からマフラーを編み続けることで支援を続ける女性たちがいます。そこには、一人の女性から始る毛糸に込めた復興への願いがありました。 女性...続きを見る

ケネス被告「被害女性に落ち度があった」

2月14日付の「星条旗」新聞に2016年うるま市で起きた元海兵隊員による女性暴行殺害事件で逮捕・起訴されているケネス・シンザト被告が「殺害された女性のほうに落ち度があった」等と弁護士に話していることが分かりました。 星条旗に掲載されたケネス被告の...続きを見る

2月県議会開会 ヘリ不時着に抗議決議可決

県議会の2月定例会が2月15日から始まり、うるま市でのアメリカ軍のヘリ不時着事故に対する抗議決議などが可決されました。 県議会で翁長知事は「県民の過重な基地負担の軽減を実現するべく、特に辺野古に新基地は造らせないということを引き続き県政運営の柱に全力...続きを見る

佐喜眞宜野湾市長「辺野古唯一 否定できない」

辺野古への新基地建設を巡り、宜野湾市の佐喜眞市長は、「辺野古唯一に対して、否定はできない」と、容認に踏み込んだ考えを示しました。 地方公聴会の後、佐喜眞宜野湾市長は「宜野湾市長として言えるのは、今、普天間飛行場の唯一と言われているものに対して、否...続きを見る

太陽光で走れる新型プリウス発表

ガソリンをほとんど使わず、太陽光でも走行できる最新の自動車が発表されました。 2月15日お披露目されたのは、「新型プリウスPHV」 従来型に比べ、電池容量が大幅に増え、電気を使用した時の走行距離が約2.6倍に伸びました。 さらに大きな特徴...続きを見る

子どもの貧困対策有識者会議

2月13日子どもの貧困対策について有識者が話し合う会議が初めて開かれました。 13日の会議では、子どもの貧困対策に関する現状と課題などが報告されました。 この中で、子どもの居場所づくりについては、どれだけ貧困対策として効果を上げているのかなど、...続きを見る

ケネス被告「被害女性に落ち度があった」

元海兵隊員による女性暴行殺害事件で、ケネス・シンザト被告が「あのとき現場に居合わせた被害女性に落ち度があった」と話していることがわかりました。これは米軍の準機関紙・星条旗新聞が報じたものです。 担当弁護士の高江州歳満弁護士によりますと、ケネス被告...続きを見る


10 / 21« 先頭...91011...20...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.