2017年2月22日

「障害者ナイトツアー」を楽しむ

障害を抱える人がより社会へ参加しやすいようにと、今月10日、沖縄市である取り組みが行われました。その取り組みとはどんなものだったのでしょうか?? 「かんぱ~い!!」 テーブルに並ぶのはビールに串カツ。肌寒い夜にピッタリな居酒屋料...続きを見る

楽園の海 糸満のサンゴ礁

伊波「楽園の海案内は水中ビデオカメラマンの長田勇さんです。きょうは「糸満のサンゴ礁」です」 長田「今回は本島南部にある糸満の海に潜って来ました。今日は、たっぷりとサンゴを見て頂きたいと思います」 伊波「サンゴ礁は...続きを見る

お年寄りから中学生へ 合格祈願のお守り贈る

3月、高校受験を控える中学生に温かい贈り物です。地域のデイサービスに通うお年寄りたちが交流を深めていた中学校の高校受験を控えた生徒たちに2月22日、手作りのお守りが贈られました。 合格お守りを作ったのはデイサービスに通うお年寄りたち。普段交流をしてい...続きを見る

県議会代表質問 翁長知事「信頼回復に努めたい」

県議会2月定例会は2月22日から代表質問、安慶田元副知事を巡る一連の問題について知事は、「信頼回復に努めたい」と述べました。 翁長知事は「県民に不信、不安を与えたことについては、私自身大変残念。これから県政の信頼(回復)にしっかりと取り組んでいき...続きを見る

「対米訴訟」で原告団が控訴

爆音被害の根源はアメリカ軍にあるとしてアメリカ政府を訴えたいわゆる「対米訴訟」で、原告団は2月22日一審判決を不服として福岡高裁那覇支部に控訴しました。 裁判は嘉手納爆音訴訟の原告のうち、健康被害のある145人がアメリカ政府に対して飛行差し止めな...続きを見る

国頭村有地伐採に 環境保護団体が抗議声明

環境保護団体がやんばるの伐採に抗議する声明を発表しました。 2月22日、声明を発表したのは、環境保護団体「やんばるDONぐりーず」など、9団体のメンバーです。 声明では、県が現在国頭村有地において森林整備事業という名目で行っている大規模な伐採は...続きを見る

ことしも人気 京都展 

伝統の技と味が楽しめる京都展が那覇市のデパートで始まっています。会場には56店舗の自慢の品が並べられ、朝から大勢の人が訪れています。 行列ができていたのは、粒あんを餅生地で包んだ阿闍梨餅で、毎日限定2000個の商品が飛ぶように売れていました。また...続きを見る

宮古島でパラリンピック陸上代表が合宿

2020年の東京パリンピックを視野に入れた陸上車いす日本代表候補の強化合宿が宮古島で行われています。 パラリンピックの陸上競技連盟では、毎年冬に沖縄で強化合宿を行っていますが、宮古島市での開催は初めてです。今回は去年のリオ・パラリンピックに初出場...続きを見る

ゴルフ・川満プロ「かねひで美やらびオープン」PR

県出身の女子プロゴルファー川満陽香理プロが21日にQABを訪れ、10月から始まるツアーなどをPRしました。 QABを訪れたのは、川満陽香理プロと金秀グループの松本眞一社長で、金秀グループが川満プロとのスポンサー契約を更新したことを報告しました。 ...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.