2016年12月31日 11時55分

大晦日 公設市場 朝から賑わう

大晦日 公設市場 朝から賑わう

大晦日の31日、県内の市場では年越しそばやお正月のご馳走の材料を買い求める人達で朝から賑わいを見せています。

那覇市の公設市場では午前8時の開店と同時に買物客がおとずれ、なかでも年越し用の沖縄そばは飛ぶように売れていました。そば屋の店員さんは「今日が一番忙しい。(きのうは)1万人分くらい売れているんじゃないかな。きょうもこれくらい売れるんじゃないかな」と話していました。

また、市場の各店舗には豚肉やカマボコなどがずらりと並び、帰省した家族や挨拶に訪れる親戚や友人にご馳走を振る舞おうと、買物袋いっぱいに材料を買い込む人たちの姿がありました。

買い物に訪れた男性は「(食材は)10名分。子どもたちやみんなが来るので一緒に食べようと思って。みんな集まって楽しく、元日はお酒もいっぱい出して、パーティしようと思う」と話し、買い物を続けていました。

市場は、新しい年を笑顔で迎えようと準備する人たちの活気にあふれていました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.