2016年11月28日 18時34分

ヘリパッド建設は「苦渋の選択」と容認を示唆

ヘリパッド建設は「苦渋の選択」と容認を示唆

翁長知事は北部訓練場の一部、およそ4000haを返還する条件となっている東村高江のヘリパッド建設について、「苦渋の選択」と述べ初めて容認する姿勢を示唆しました。

アメリカ軍北部訓練場は東村高江の新たなヘリパッドの提供後におよそ4000haの土地が返還されますが、国は、オスプレイの運用を想定した環境影響評価の実施など、県の求めに応じる姿勢をみせていません。

これについて間もなく就任2年を迎える翁長知事は、28日、報道各社の合同インタビューで、「北部訓練場なども、苦渋の選択という最たるものだと思っております。合意の着実な実施によって約4000haが返ってくることについてですね、これに異議を唱えるなどということはなかなか難しいところであります」と述べました。

一方で、「4000haを返すから文句を言うなというやり方は県民が冷静に状況を見ている」とも述べ、国の強引な手法をけん制しました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.