2016年10月4日 18時34分

台風18号 久米島に爪痕

台風18号 久米島に爪痕

台風18号の直撃を受けた久米島。一夜明け、台風の爪痕が明らかになりました。一夜明けた久米島。上空から見ると、屋根に大きな損傷を受けた建物が目立ちます。

カメラマン「楽天イーグルスのキャンプで使われる建物です。猛烈な台風の影響で屋根がめくれ上がってるのが確認できます。」

楽天のキャンプ地、久米島ホタルドーム。ドームや投球練習場の屋根がめくれ上がり、辺りに散乱しています。さらに島内各地で、プレハブ小屋が道路や空き地に飛ばされているのが確認できました。

上間記者「こちらの畑ではサトウキビが根元からなぎ倒されていて、さらに電柱が真ん中から真っ二つに折れています。」

こちらの畑では、折れた電柱が道をふさいでいるほか、電線がサトウキビまでなぎ倒しています。また島内の英会話教室では、厚さ1センチの窓ガラスが割れ、破片が散乱。片づけに追われていました。

住民 女性「今までに経験したことのない、かなりの強風で寝れませんでした」

久米島では、きょう午後になっても島内のほとんどの地区で停電が続いています。全国一の生産量を誇る、久米島のクルマエビ。養殖場では停電に加え、折れた電柱でポンプが壊れ、復旧のめどが立っていません。

業者「電気が来ないと池の中に酸素取り込めないのでエビの酸欠が心配。出荷があと1ヵ月で始まるので今大事な時期。」

午後5時現在でも、依然2700戸以上で停電が続いていて、完全復旧まではまだしばらく時間がかかりそうです。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.