2016年9月30日 18時34分

ヘリパッド建設中止を 環境17団体が要請

16-09-30-05

事前の申し入れにも関わらず、玄関口での対応でした。東村高江で進むアメリカ軍のヘリパッド建設は国際条約にも違反する環境破壊だとして、9月30日、環境NGOなど17団体が、ただちに工事を中止するよう声明を発表しました。

声明では、ノグチゲラやヤンバルクイナの保全を求める国際自然保護連合の2度にわたる勧告を無視して工事が行われていると指摘。日本政府も批准している生物多様性条約や世界遺産条約にも明確に違反していると指摘しています。

9月30日の要請は、事前に面会を申し入れていたにもかかわらず、沖縄防衛局は、玄関口で対応しました。要請した沖縄大学の桜井国俊名誉教授は「国が(やんばるを)世界自然遺産に登録しようとしている」「オスプレイがバンバン飛ぶかたちでIUCNが認めるわけないんですよね」と話しました。

声明文は安倍総理や菅官房長官などの関係閣僚や、在沖アメリカ総領事にも送られます。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.