2016年9月3日 11時54分

南城市でO157 観光客26人食中毒

南城市でO157 観光客26人食中毒

南城市の観光施設内の飲食店でO157による集団食中毒が発生し、26人の観光客が感染していたことが3日までにわかりました。このうち13人は一時入院していたということです。食中毒があったのは、南城市玉城にある観光施設内の飲食店です。

県生活衛生課によりますと、7月22日から8月4日にかけて、この店でサトウキビジュースを飲んだ人のうち、22人が下痢や血便、発熱などの症状を訴え、検査の結果、腸管出血性大腸菌O157が検出されました。

感染した26人のうち13人は入院していましたが、現在は全員退院し、回復しているということです。

県ではこの店を9月3日から4日間の営業停止処分にしています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.