2016年8月31日 18時33分

辺野古 陸上工事一部再開に県「前向きに検討」

辺野古 陸上工事一部再開に県「前向きに検討」

政府が近く再開すると発表している辺野古陸上部分の工事について、安慶田副知事は、一部認める考えを示しました。

8月31日官邸で開かれた辺野古の作業部会で安慶田副知事は、

政府が再開すると発表している辺野古陸上部分の工事のうち、2棟の兵舎建設については「老朽化した施設の建て替えで、埋め立て工事の区域外だと確認できた」として「前向きに検討したい」と述べました。

一方、安慶田副知事は工事で使うコンクリートを造る施設については、「埋め立てに使われる疑いが残り認められない」と拒否しました。安慶田副知事「隊舎については、埋め立て工事と関連性がないという説明があったから、それについては私ども県も、前向きに検討してまいりたいと返事をした」

一方、作業部会の前に開かれた普天間基地を巡る協議では政府が基地内の格納庫や兵舎の補修工事を実施することについて、宜野湾市側が「固定化につながりかねない」と懸念を示したということです。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.