2016年8月29日 18時49分

Q+スポーツ部 サッカー天皇杯 FC琉球の初戦は

サッカーFC琉球。日本一を決める天皇杯の1回戦に臨みました。

3年ぶりの沖縄開催となったサッカー日本一を決める天皇杯。県代表・FC琉球の1回戦の相手は、背番号19、浦添市出身・吉村康平が所属する宮崎県代表のホンダロックSC。

前半、FC琉球はその吉村に中盤でボールを奪われると、ひやりとする場面も。

後半、FC琉球はボールを支配する時間を増やし、積極的にゴールへと向かいますが、得点を奪うことができず。キャプテン・田中恵太のシュートもゴールネットを揺らせません。

田中恵太主将「チームとして勝ってやろうという雰囲気があまり見えないゲームになってしまっていたので、どうしても自分が決めるという気持ちでやっていたので。」

時間だけが過ぎていき、延長戦も見え始めた後半45分。待っていたのは、劇的な幕切れ!細かくつないだFC琉球、最後に飛び出したは、田中恵太!FC琉球、最後の最後に決勝点を奪い、1回戦突破です。

FC琉球、2回戦はJ1のサガン鳥栖と対戦します。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.