10 / 21« 先頭...91011...20...最後 »

2016年12月16日

名護市長 新基地建設中止を要請

また、若宮防衛副大臣は12月16日の午前、名護市長と面談、一晩に2機のオスプレイが事故を起こした件で、稲嶺市長は面談で、名護市の稲嶺市長は若宮防衛副大臣にオスプレイの配備撤回、新基地建設の中止などを求める抗議文を手渡しました。 また2015年10月、...続きを見る

来琉200年 バジル・ホール記念碑除幕式

200年前、ヨーロッパに琉球ブームを巻き起こしたバジル・ホールの記念碑が建立されました。 バジル・ホールはイギリス人の軍人で1816年に琉球を訪れ、航海記を出版、「武器がない国」と琉球を初めて詳細に紹介し当時のヨーロッパに「琉球ブーム」を巻き起こした...続きを見る

飲酒運転 今月に入り204件摘発

12月に入って飲酒運転の疑いで摘発された件数が、速報値で12月15日までに204件に上ることがわかりました。 県警交通指導課によりますと、12月1日からきのうまでに、飲酒運転の疑いで摘発された件数は速報値で204件となっています。1日あたりにする...続きを見る

オスプレイ事故から3日

アメリカ軍のオスプレイが名護市で不時着し大破した事故で16日、現場ではアメリカ兵による機体の回収作業が続いています。 オスプレイが大破した事故から3日16日も、現場の浅瀬にはバラバラに損壊した機体の残骸が残されたままです。海上では、き...続きを見る

胴体着陸オスプレイ、大破機の救難に向かっていた

今月13日、普天間基地に胴体着陸したオスプレイは、名護市安部沖で大破したオスプレイの救難のため出動していたことがわかりました。 これは16日、防衛省の若宮副大臣と名護市の稲嶺市長との面談のなかで明らかになったものです。 沖縄防衛局に...続きを見る

県が北部訓練場返還予定地を調査

15日、県は今月22日に一部返還される北部訓練場の立ち入り調査を行いヘリパッドや周辺の道路を専門家らと調査しました。日米地位協定の環境補足協定にもとづき返還予定地に県が立ち入るのはこれが初めてで、職員や専門家など8人が4つのヘリパッドと周辺道路の自...続きを見る

2016年12月15日

オスプレイ墜落事故 残骸そのまま

集落から目と鼻の先で起きたオスプレイの事故から2日。事故現場の異様さは依然として変わっていません。 オスプレイの不時着事故から2日が経った12月15日、大破したオスプレイの機体は波にさらされ、姿を現したまま。アメリカ軍がゴムボートを使いオスプレイ...続きを見る

翁長知事 上京し抗議「不時着ではなく墜落」

この事故を受け12月15日に上京した翁長知事は、外務省・防衛省などを相次いで訪ね、オスプレイの事故に抗議しました。 稲田防衛大臣と面談した翁長知事は、事故機が大破した状況から県は不時着ではなく墜落と認識しているとした上で、アメリカ軍のニコルソン四...続きを見る

若宮副大臣は安慶田副知事と面談

若宮防衛副大臣がオスプレイの事故を受けて、15日に急きょ沖縄入りし、安慶田副知事と面談しました。 安慶田副知事は、「県としては、機体の状況などから『墜落事故』と認識している。県民の怒りは頂点に達しており、オスプレイの飛行中止と配備撤回を要求する」...続きを見る

キャンプシュワブ 陸上工事再開

オスプレイの事故を受け、不安が広がる中、辺野古で中断されていたキャンプシュワブの陸上部分の工事が15日に再開されました。 午後2時10分過ぎ、大勢の機動隊がゲート周辺を取り囲む中、砂利などを積んだトラック7台が名護市辺野古のキャンプシュワブ内にに...続きを見る


10 / 21« 先頭...91011...20...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.