2016年9月2日

トイレが足りない那覇のまちぐゎーを考える

那覇市の牧志公設市場周辺の店舗関係者たちが、周辺で不足するトイレ問題について議論しました。 牧志公設市場を中核とした那覇市の中心商店街にはおよそ600の店舗がありますが、客が利用できるトイレを設置している店舗は少なく、夜間はトイレの数がさらに...続きを見る

町工場が考案した強風に耐えるビーチパラソル

さて、ビーチなどで日よけとして使われるビーチパラソルですが、ある悩みを解消する商品が今注目を集めています。 その悩みとはパラソルの敵「風」、県内の鉄工所が開発したのは強風でも飛ばされないというビーチパラソルです。 記者「沖縄の夏のビーチ...続きを見る

米軍犯罪パトロールに気象台職員も

4月に起きた元海兵隊員で軍属の男による女性暴行殺害事件を受け、政府が県内で始めたパトロール隊。7月にはパトロール隊に動員された防衛省の職員らが、東村高江でヘリパッド建設に抗議する人たちの警備を行っていたことが問題になりましたが、今、また新た...続きを見る

若宮防衛副大臣が宮古島市に部隊配備説明

防衛省の若宮副大臣が2日宮古島市を訪れ、水源への懸念があった大福牧場地区への自衛隊配備については断念することを伝えました。 若宮副大臣「宮古島への陸上自衛隊の大福牧場に整備することはしない。千代田カントリークラブを中心に整備させていただくことにい...続きを見る

相次ぐ台風の影響で野菜高騰

北海道に相次いで襲来した台風、その影響は遠く離れた沖縄の食卓にも出ています。北海道では次々襲来した台風により多くの家屋が倒壊死傷者が出るなど被害が出ています。 また、農作物に大きな被害が出たことで、県内のスーパーなどでも北海道産の野菜を中心に...続きを見る

紅茶用の茶摘み最盛期

秋の夜長に琉球紅茶はいかがでしょうか。金武町では紅茶用の茶摘みの最盛期を迎えています。 金武町にある7000坪の茶畑には「べにひかり」という紅茶用の品種およそ4000本が植えられていて、今、茶摘みの最盛期となっています。 この土...続きを見る

台風12号 勢力強めながら北上

強い台風12号は現在、大東島地方から遠ざかりつつありますが、気象台では引き続き強風や高波に注意するよう呼びかけています。 台風12号は2日午前11時には南大東島の北北西の海上にあって、1時間に15キロの速さで北へ進んでいるとみられます。中心気圧は...続きを見る

希少生物守るためやんばるの林道で交通規制始まる

希少なやんばるの動物を交通事故などから守ろうと、1日から国頭村内の全ての林道で夜間の交通規制が始まりました。 1日は国頭村の職員が日没後、林道に入らないようドライバーに呼びかける看板を設置しました。交通規制は今月15日にやんばるが国立公園に指定さ...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.