2016年7月20日

Q+リポート パートナーシップ制度 喜びと課題

続いてはQプラスリポートです。戸籍上同性同士のカップルを結婚同等と認めるパートナーシップ制度が那覇市でスタートし、県内で初めてのカップルが誕生しました。 新しい時代の幕開けに喜ぶ声、一方で、制度面に残る課題を取材しました。 ...続きを見る

馬毛島 訓練移転の実現性は?

翁長知事が就任して初めてとなる普天間基地の負担軽減推進会議を21日に控え、オスプレイなどの訓練移転先としてある島が注目されています。今週、翁長知事が視察した鹿児島県の馬毛島。島の大部分を所有する民間企業が、政府に売却する意向を伝えていたことがわかりました。...続きを見る

ヘリパッド建設再開か?緊迫の高江

ヘリパット建設再開が懸念されている東村高江では、車両やテントなどの強制撤去期限を迎え緊張が高まっています。ゲート前には、24時間態勢で人々が座り込んでいて、20日は県議会与党会派の議員ら16人が激励に訪れました。 一方、抗議行動の現場に向かう県道で、...続きを見る

辺野古崎 文化財発見で「遺跡」認定

政府が陸上工事を再開すると発表した辺野古では、県外ナンバーを含む機動隊の大型車両9台が集まり、緊迫した状況となっていました。集まった人たちからは「抗議の声の分断を狙っているのでは」といった批判の声が高まっていました。 また県教育庁は、20日午後会見を...続きを見る

F15立ち往生 那覇空港滑走路一時閉鎖

20日午後3時ごろ、航空自衛隊のF15戦闘機が那覇空港の滑走路の手前で立ち往生し、一時、滑走路が閉鎖されました。この影響で民間機に目的地変更などの影響が出ました。 空港事務所などによりますと、20日午後3時頃、離陸しようとした航空自衛隊のF15戦闘機...続きを見る

高江 強制撤去期限で緊迫

今週にもヘリパット工事の再開が懸念されている東村高江では、車両やテントなどの強制撤去期限を迎え、緊張が高まっています。 20日午前0時にゲート前の車両やテントの強制撤去期限を迎えた東村高江には24時間態勢で警戒する多くの市民の姿がありました。...続きを見る

あすから夏休み! 1学期前半終了

県内の小中学校ではあすからいよいよ、長い夏休みです。このうち2学期制となる那覇小学校では、20日朝、全校児童400人あまりが集まって、1学期前半を終える朝会が開かれました。 松田敦子校長は「夏休みだからこそ、できる体験をして下さい」と呼び掛けまし...続きを見る

教員採用試験でミス 県教委が謝罪

7月に行われた中学校の教員採用試験で、問題用紙の配布ミスがあり、19日県教育委員会が謝罪しました。 配布ミスは17日に行われた中学理科の教員採用試験の一次試験で起きたものです。 県教育委員会によりますと本来、4種類の問題用紙を2種類ずつ配布...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.