2016年4月20日

MESHサポート 固定翼機で患者初搬送

MESHサポートが、19日初めて固定翼機による患者搬送を行いました。 MESHサポートによりますと、搬送された患者は沖永良部島に住む85歳の男性です。 この男性は、2016年2月、自衛隊のヘリで県立南部医療センターに運ばれましたが、容体が安...続きを見る

子どもの貧困対策に関する意見交換の結果報告

県の「子ども貧困対策推進基金」に各市町村から多くの要望です。 県では「子どもの貧困対策推進基金」におよそ30億円をあてることにしていますが、先週各市町村を対象に開かれた意見交換会ではどのような支援が必要か、要望や意見を聞きました。 意見交換...続きを見る

国連特別報告者が日本の現状に懸念

日本における「表現の自由」について、国連の特別報告者が強い懸念を示しました。 デービット・ケイ氏「沖縄の新聞社に対する圧力は、非常に重要な問題だ」 国連特別報告者のデービッド・ケイ氏は4月11日に来日し、「表現の自由」に関する現状を調査してきま...続きを見る

熊本地震で被災した県出身学生が募金活動

熊本地震で被災し、沖縄に一時帰宅している県出身の大学生らが被災地のために20日県内で募金活動を行いました。 大学生「どうか皆さん熊本のために募金をお願いします!」 募金活動を行ったのは熊本県内の大学などに通う県出身の大学生です。 熊本...続きを見る

DMAT・第一陣が帰沖

震度7を観測した熊本地震で、被災地に派遣されていた県内医師らのチームが19日、帰還しました。19日夕方、那覇空港に到着したのは、県内の医師や看護師らで編成される災害派遣医療チーム、通称DMATです。 チームは、16日から、第一陣として被災地に派遣...続きを見る

離島・過疎地域振興に関しての要請

県内離島の振興をはかる協議会が、医師などの人材確保や水道事業の強化などを、19日、県に要請しました。 要請は、県離島振興協議会などがおこなったもので、医師や保健師の確保、航空運賃の軽減、水道事業の拡大など離島での暮らし易さを実現するための103項...続きを見る

やんばる国立公園指定へ 限定デザイン缶で応援

沖縄限定のデザインです。やんばるの国立公園指定を応援する缶ビールが、2016年5月に発売されることになりました。 沖縄限定ラベルには、ヤンバルクイナのイラストと、やんばるの国立公園指定を応援するロゴがデザインされています。これは、キリンビールマー...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.