2015年11月30日 11時57分

宜野湾市と琉大が包括連携協定締結

15-11-30-02

返還された西普天間住宅地区において宜野湾市は11月29日、琉球大学と国際医療拠点の形成に向けた連携協定を結びました。

ことし3月に返還された西普天間住宅地区は国際医療を中心とした街づくりを掲げていて、29日はその担い手となる琉球大学と宜野湾市が相互に協力していくことを定めた協定書を交わしました。

また、国際医療拠点の方向性についての報告も行なわれ、宜野湾市からは国際医療拠点ゾーンについてCGを使って具体的な都市計画が説明されました。

一方、県は重粒子線施設について検討会で慎重に調査検討し、2015年度末までに施設の導入の可否を決める方針であることを示しています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.