2015年10月31日 17時51分

警視庁 機動隊を辺野古へ派遣

警視庁 機動隊を辺野古へ派遣

29日に本体工事が着工された名護市辺野古に、警視庁は機動隊員を派遣することがわかりました。今後、さらなる混乱が予想されます。

警察関係者によりますと派遣されるのは130人の警視庁の機動隊員で、沖縄県警からの要請を受けて11月1日に派遣、3日から警備にあたるということです。派遣する理由は、暴力行為に訴えるような激しい抗議があるためだとしています。

名護市辺野古では30日、機動隊からの排除を受けた30代の男性が一時意識を失い病院に搬送されていて、市民からは過剰警備を指摘する声が上がっています。

今後、機動隊員の数が増えれば現場はさらに混乱するものとみられます。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.