2015年8月31日 18時44分

県議会で安保法案廃案求める意見書可決

県議会で安保法案廃案求める意見書可決

県議会は、31日臨時議会を開き、安保関連法案の廃案を求める意見書を、賛成多数で可決しました。

県議会与党会派は、国会で審議中の安全保障関連法案について、「自衛隊がアメリカ軍の軍事行動に参加し、武力行使を可能にする法案だ」などとして、関連法案の廃案を求める意見書案を提出しました。

これに対し、自民・公明は、「国民の生命、そして国際社会の安全を確保するため」慎重な審議を経て成立させるよう求める対案を提案しました。採決の結果、安保関連法案の廃案を求める意見書が賛成多数で可決されました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.