2015年6月30日 18時33分

辺野古関連作業開始から1年 稲嶺市長会見

15-06-30-006

国が辺野古新基地建設の関連作業を始めてから1年が経ったことを受け、6月30日名護市の稲嶺市長が会見を開き、改めて、国の姿勢を批判しました。

会見で稲嶺名護市長は「多くの人たちが、にちや体を張って、反対の意思を示している状況です。それに対して、権力むき出しの、住民弾圧というかたちで暴力的な行為が展開されているのは本当に許しがたいことだと」話しました。

稲嶺市長は辺野古の新基地計画に対するこの1年の国の姿勢を批判した上で、国がボーリング調査の延長を決定したことについては市民、県民の抗議行動の力だと述べました。

稲嶺市長は、「現行計画を白紙に戻すまで戦う」と改めて決意を示していました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.