2015年3月30日 11時45分

辺野古の作業停止指示の効力を執行停止 林農水大臣

15-03-30-01

翁長知事が防衛省に指示した、辺野古での作業停止指示について、林農林水産大臣は3月30日指示の効力の一時停止を決定しました。

林農林水産大臣は3月30日の記者会見で「本日朝、沖縄防衛局および沖縄県に決定書を手交しました」と述べました。

林農水大臣が下した決定書は30日の朝早く県庁に届き、県庁では担当職員が対応に追われました。この発表を前に、翁長知事は県庁で「これ(決定書)を見て、じっくり精査をして、それから正式に記者会見もしたいと思いますので」と記者団に答えていました。

この問題では翁長知事が3月23日、辺野古の海での作業停止を沖縄防衛局長に対して指示したのに対し、沖縄防衛局はこれを不服として指示の執行停止を求めていました。

今回の執行停止の決定書では、「国が事業者である場合も申立人として適格」であるとし、沖縄防衛局にも執行停止を申し立てる権利があり、県の主張する政府機関による申し立ては想定されていないとした訴えが退けられた格好です。

この決定について県内では反発の声があがりました。

那覇市内でインタビューに応えた男性は「本当に悔しくて今までの県民の皆さんの思いが押し潰されているような感じに思えて」と話し、辺野古のゲート前で、座り込みをする男性は、「沖縄の人たちを馬鹿にしている、初めから結論ありきだ」と話していました。

これで、知事による作業停止指示は正式な裁決までの間、効力を失いますが、林農水大臣は「法律には裁決の期限はない」と語っていて、その間、辺野古での工事が進むかどうかは、防衛省の判断だと述べました。

一方、辺野古では30日も海上での作業が継続されていて、県内の反発が高まるのは必至です。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.