1 / 212

2015年11月10日

戦後70年 未来へつなぐ戦争証言

こちらは、糸満市の戦時資料の上下巻合わせて15534ページにも上るこの貴重な資料は、戦後50年の節目に市民3万7047人を対象にした戦争体験の聞き取り調査などを実施して発刊されたものです。 そこには、糸満市での沖縄戦の姿が書き記されています。この調査...続きを見る

約4ヶ月ぶりに辺野古に台船が姿を現す

県が強い反対の声をあげる中、国による新基地建設に向けた作業が続く名護市辺野古の沖で11月10日、ボーリング調査を行う作業船2隻が確認されました。 午前6時半頃、辺野古の沖では国の作業船2隻が湾内に入るのが確認されました。中村カメラマンは、ヘリから「ボ...続きを見る

国土交通大臣「公開質問状答える義務はない」

石井国土交通大臣は11月10日の記者会見で、県が提出した公開質問状への対応に、「回答する義務はない」と述べました。 会見で石井大臣は「法律に基づくものじゃありませんから、回答を行う義務はないのですが、今、担当部局に文書の内容を精査させているところであ...続きを見る

竹富島最大の祭り種取祭始まる

国の重要無形民俗文化財で、竹富島最大の祭り、「種子取祭」が、11月10日から2日間に渡り、盛大に行われています。 五穀豊穣と、島の繁栄を祈願する種子取祭は600年以上の歴史があると言われ、2日間で70あまりの伝統芸能が奉納されます。 舞台では、...続きを見る

新型インフルエンザ対策訓練

県内で新型インフルエンザが発生した際の対策を確認する訓練が、11月10日県庁でありました。 この訓練は、新型インフルエンザなど、新型感染症の対策強化を目的に2013年に施行された特別措置法を受け、初めて行われたものです。訓練は県外で結婚式に参加してい...続きを見る

QABからのあちゃんを救う会に寄付金贈与

重い心臓病のためアメリカでの心臓移植手術を必要としている翁長希羽ちゃんの支援団体がさらなる協力を呼びかけました。 11月9日QABを訪れた救う会の事務局は、「人工心臓を長期間つけると血栓を引き起こす恐れがあり、2016年の年明けに渡米するためにも県内...続きを見る

マリンタウン地区に新たな幹線道路を 住民決起大会

マリンタウン東浜地区に、新たな幹線道路を整備してほしいと、西原町で11月8日住民決起大会が開かれました。 再開発の進むマリンタウン東浜地区。西原マリンパークには、年間50万人が訪れるほか、2020年度までには、県が大型MICE施設を建設することも決ま...続きを見る

台湾でオリオンビアフェスト

台湾で2回目となるオリオンビアフェストが11月8日台北市で開催され初日から地元の台湾の人や、台湾在住の県民などが参加し賑わいました。 現在オリオンビールは、台湾全土で300店舗以上の取り扱いがありコンビニエンスストアでの販売も始まっています。海外の中...続きを見る

大浦湾に作業船 ボーリング調査再開か

新基地建設に向けた作業が続く名護市辺野古の沖で10日、ボーリング調査を行う作業船2隻が確認されました。 久田記者「日の出の時刻となりました。ボーリング調査に使われる大型の作業船2隻が、大浦湾の内側にはっきりと確認できます。」 午前6時半...続きを見る

「大浦湾を保護区に」164の国と地域から7万筆

ジュゴンを守るため、大浦湾を国や県の保護区に指定するよう求める世界中からの7万筆を越える署名が9日、県に提出されました。 署名は、沖縄を訪れている国際環境NGO、グリーンピースジャパンが2014年からインターネット上で呼びかけているもので...続きを見る


1 / 212

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.