2015年10月26日

Q+スポーツ部 九州高校野球 県勢の熱闘

こんばんは、スポーツです。県代表として八重山・興南の2校が出場した、九州高校野球大会。来年春のセンバツを見据え、九州の頂点をかけた両校の戦いをご覧ください。 沼尻「大きくそびえ立つ桜島のある、ここ鹿児島がことしの九州大会の舞台。県勢ではま...続きを見る

政府と辺野古3区の区長が懇談

政府は、名護市の頭越しに、直接支給する方針です。菅官房長官と辺野古3区の区長が10月26日総理官邸で懇談し、政府は、名護市を通さずに地元に直接、振興費を支払う考えを伝えたと見られます。 26日の懇談には、地元名護市の辺野古、久志、豊原の3区の区長、政...続きを見る

記者解説 なぜ? 辺野古3区と政府が懇談

では、ここからは取材している棚原記者に聞きます。今回の会談。こうした措置というのは初めてのことですよね。 棚原記者「はい。異例の措置だと言えます。基地関連の振興予算というものは通常、市町村などが窓口になりますが、今回は名護市を飛び越える形で、...続きを見る

水上沖縄担当大使が久志地区を視察

2015年5月、外務省沖縄担当として新しく赴任した水上正史大使がキャンプシュワブ周辺の基地被害を確認するため10月26日名護市の市議会議員と久志地区を視察しました。 水上大使は訓練場が近くにある沖縄高専で昼夜を問わない騒音被害や久志公民館近くの川では...続きを見る

自衛隊に市民の名簿提供 約2万4000人分

2015年5月、沖縄市と宜野湾市が、市内に住む10代から20代の住民の個人情報を、対象者本人の同意を得ないまま自衛隊の求めに応じて、提供していたことが分かりました。 沖縄市と宜野湾市の市民課によりますと、2015年5月、自衛官の採用業務を行っている自...続きを見る

サメに襲われ男性がけが

10月26日の朝、糸満市の海岸でサーフィンをしていた40代の男性がサメに襲われけがをしました。 警察などによりますと、26日午前6時50分ごろ、大度海岸の沖500メートル程でサーフィンをしていた男性から「サメに足首を噛まれた」と消防に通報がありました...続きを見る

サメに襲われ男性がケガ

26日朝、糸満市の海岸でサーフィンをしていた40代の男性がサメに襲われけがをしました。 山本記者は「男性は海岸から500mから600m先の海で1人でサーフィンをしていたところ、サメのようなものに足を噛まれたという事です」とリポートしました...続きを見る

嘉手納町議会 F-16暫定配備に抗議

10月22日、嘉手納基地にアメリカ・オクラホマ州の空軍所属のF16戦闘機が暫定配備されたことを受け嘉手納町議会は訓練中止を求める意見書と抗議決議を全会一致で可決しました。 基地対策特別委員会奥間常明委員長は「不安と恐怖による精神的苦痛、健...続きを見る

県内最大級のファッションイベントで歓声

県内でも最大級のファッションイベント「琉球アジアコレクション」が25日豊見城市で行われました。 沖縄からアジアに流行を発信しようと始まった琉球アジアコレクション通称「RACo」は今回で5回目。 観月ありささんやダレノガレ明美さん...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.