2015年8月11日

戦後70年 遠ざかる記憶 近づく足音 沖縄戦で孤児になった女性

シリーズ戦後70年「遠ざかる記憶近づく足音」です。さて、この3000という数字。何を意味していると思いますか?この数字は、沖縄戦で、沖縄本島で戦争孤児になった18歳未満の人の数です。ただこれは戦後8年たった時の調査ですので、終戦直後はもっと数多くの孤児...続きを見る

夏の甲子園 興南 初戦突破!

興南、夏の初戦の相手は島根代表、石見智翠館。チーム打率3割1厘、4人のホームランバッターを要する破壊力のあるチーム。アルプス声援、そして学校の声援をバックに先制したのは興南! 1回、相手先発、1年生投手が二つのファアボールを出すなど、苦しむ立ち上...続きを見る

ベトナムダイオキシンデー

ベトナムで枯れ葉剤被害者支援の日となっている10日、東京でイベントが開かれ、沖縄市のドラム缶問題などが話し合われました。 「枯れ葉剤被害者支援の日」は、戦争最中の1961年の8月10日、アメリカがベトナムで枯れ葉剤散布を始めた日にちなみ、ベトナム...続きを見る

那覇港管理組合・浦添市素案に懸念

那覇港管理組合は、那覇軍港の移設受け入れを表明した浦添市の独自案は、国際物流拠点としての開発の支障になると懸念を示しました。 那覇港管理組合は県と那覇市、浦添市で構成されていて、那覇港の20年以上先の将来を見据えた長期構想を、8月末にもまとめる予...続きを見る

新基地建設の断念求め県民集会

辺野古への新基地建設を巡って、12日行われる政府との集中協議を前に、翁長知事にゆるぎない姿勢で新基地建設の断念を求めて欲しいと訴える集会が開かれました。 ヘリ基地反対協の安次富浩共同代表は「私たちは、1カ月なんて思っていません。半永久的に止める、...続きを見る

潜水調査「5か月以上認められなかったのは残念」

8月10日、日米両政府が合意した県の求める辺野古の臨時制限水域への立ち入りについて、翁長知事は、許可が下りるまで5か月以上もかかり残念だと述べました。 翁長知事は昨夜「立ち入り許可申請を行ってから、5か月以上もの期間、認められなかったことは極...続きを見る

ゆいレールで13祝いイベント

8月10日で、開業12周年を迎えたゆいレールの13祝いのイベントが行われました。 イベント会場で、運転士目指す男の子は「とっても楽しいっていうかワクワクしている。」「他の外国から来た人と会話ができる(運転士になりたい)」と話していました。...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.