2015年6月30日

戦後70年 遠ざかる記憶 近づく足音 17歳の沖縄戦 ~父の記憶~

名護市にひっそりとたたずむ墓地。毎年、6月になると私の父はここを訪れます。 山田さん「きょうはお墓の掃除に来ました。 私は生き残って、辰夫君は17歳で亡くなって、これはもう、そういうことなんだよね。」 ここは17歳で戦死した父の親友...続きを見る

56年 今なお深い悲しみ続く

1959年6月30日、整備不良のアメリカ軍戦闘機が宮森小学校に墜落、炎上。 この事故で、児童12人を含む18人が死亡、200人以上がけがをしました。30日、学校で行われた慰霊祭では、参加者全員で、黙とうが捧げられた後、山城博志校長が「全てを奪われた先...続きを見る

ボーリング調査 3カ月間延長

名護市辺野古沖で進む新基地建設に向けたボーリング調査について、政府は、6月30日までの予定だった作業期間を延長し、9月末までとすることを発表しました。 中谷防衛大臣はけさの会見でボーリング調査について、30日までの予定だった作業期間を3カ月間延長し、...続きを見る

辺野古関連作業開始から1年 稲嶺市長会見

国が辺野古新基地建設の関連作業を始めてから1年が経ったことを受け、6月30日名護市の稲嶺市長が会見を開き、改めて、国の姿勢を批判しました。 会見で稲嶺名護市長は「多くの人たちが、にちや体を張って、反対の意思を示している状況です。それに対して、権力むき...続きを見る

辺野古で参加者2人逮捕

30日朝、名護市辺野古のキャンプシュワブのゲート前で、抗議行動をしていた参加者2人が、公務執行妨害などの疑いで逮捕されました。 警察などによりますと、30日午前7時半ごろ、名護市辺野古のキャンプシュワブゲート前で、抗議行動の参加者がもみ合いになった際...続きを見る

県教育委員会 文化財の「碇石」と認定

名護市のキャンプシュワブ内で見つかった石について、県教育委員会は30日琉球王国時代の船のいかりに使われていた文化財の「碇石」と認定しました。 石には、碇石独特の中央のくぼみや加工の跡が確認できたということです。 碇石が見つかった場所は、...続きを見る

沖縄食糧が環境保全活動

沖縄の美しい海を守るキャンペーンが始まります。6月30日キャンペーンのPRのためQABを訪れたのは沖縄食糧の皆さん。 創立65周年の記念事業の一環として、海の環境保全活動に力を入れている美ら島財団を支援しようと、沖縄食糧の対象商品を購入した場合売り上...続きを見る

宮森小米軍機墜落から56年

うるま市の宮森小学校にアメリカ軍の戦闘機が墜落し、18人が死亡した事故から56年となる2015年、小学校で慰霊祭が営まれました。 事故は1959年6月30日、整備不良のアメリカ軍戦闘機が宮森小学校に墜落し、18人が死亡。200人以上がケガ...続きを見る

宮里美香 米ツアーで今季最高の2位と健闘

日本時間の29日アメリカ女子ゴルフのアーカンソー選手権で、県出身の宮里美香選手が今季最高の2位となりました。 29日の最終ラウンド、首位と4打差、4位スタートの宮里美香は3番、5番、8番と前半で、3つのバーディーを奪うなど、一時、優勝した韓国のチェ・...続きを見る

大学生サポーターに委嘱状を交付

深夜はいかいや飲酒などで補導された少年に対し更生を目的に学業面などの支援を行う大学生少年サポーターの委嘱状交付式が29日行われました。 これは少年たちと年齢が近い大学生が学習支援やスポーツを通して居場所作りを行う事で少年たちの更生につなげ...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.