2015年1月30日

IT津梁まつり

ITの可能性にわくわくします。宜野湾市では、情報通信技術のおもしろさを多くの人に知ってほしいと様々なIT技術を紹介するIT津梁まつりが始まりました。 これは、多くのITファンを増やして情報通信関連産業の発展につなげたいと県が企画しました。...続きを見る

台湾で経済特区セミナー&商談会

また、台湾では沖縄の経済特区への企業誘致と、アジアでの経済交流を目的としたセミナー商談会が開催されました。 3回目となる今回は県内や台湾側の企業からおよそ300人が参加し、経済特区の優遇措置や立地要件など、投資環境の説明を受けたあと商談会にの...続きを見る

離島の医師と知事が意見交換

県立病院が運営する離島の診療所で働く医師たちが県庁を訪れ知事と意見交換をしました。県庁を訪れたのは南北大東島や波照間島の診療所に勤める若手医師16人です。 翁長知事は「大変な環境のなか頑張っていることに敬意を表します。充実した医療活動を続けら...続きを見る

日米合同委員会で高江提供合意

東村高江のヘリパッド建設問題で日本政府は完成したヘリパッド2つをアメリカ軍に提供することを正式に合意しました。 東村高江では1996年合意されたSACOの最終報告に基づいて北部訓練場内の返還される土地にあるヘリパッドを高江集落の近くに新た...続きを見る

食育でマグロ解体実演 / 地元産セーイカのイカスミ汁 給食メニュー導入へ

地元の食材が高校と保育所に登場です那覇市内の高校では食育教室が開かれ、生徒たちの目の前でマグロの解体が披露されました。 沖縄工業高校生活情報科の生徒を対象に行われた食育教室、登場したのは30日朝、泊港で水揚げされたばかりの大きなメバチマグロ。...続きを見る

有効求人倍率が過去最高水準に

2014年12月の県内の有効求人倍率は0.80倍となり、本土復帰後の最高値を7か月連続で更新しました。沖縄労働局によりますと、月間の有効求人倍率が0.8倍台となったのは本土復帰後初めてで、2014年11月の0.77倍から12月は0.03ポイント...続きを見る

県産農林水産物 商談会開催

沖縄の食材を使った県産品の販路をアジアの国々に広げようと、県主催の商談会が30日に那覇市で開かれました。 30日に開催された商談会には、県産の食品を扱う県内企業10社、海外からは香港や台湾、シンガポールから9社が参加。県内の企業はそれぞれ沖縄の健康食...続きを見る

IT津梁まつり

情報通信技術のおもしろさを多くの人に知ってほしいと様々なIT技術を紹介する「IT津梁まつり」が30日、沖縄コンベンションセンターで始まりました。 これは、多くのITファンを増やして情報通信関連産業の発展につなげたいと県が企画しました。 開会式で...続きを見る

台湾で経済特区セミナー&商談会

沖縄の経済特区への企業誘致とアジアでの経済交流を目的としたセミナー商談会が今月20日に台湾で開催され、多くの企業が参加しました。 セミナー商談会は県が開催しているもので、今回が3回目。県内や台湾側の企業からおよそ300人が参加し、経済特区の優遇措...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.