1 / 212

2015年1月26日

辺野古埋立承認取消訴訟 国が参加

普天間基地の移設問題を巡り住民らが知事の埋立承認を取り消すよう求めている裁判で、那覇地方裁判所は国の裁判への参加を認める決定をしました。 この裁判は名護市辺野古の住民などが原告となり県を相手に仲井真前知事の埋め立て承認を取り消すよう求めているもの...続きを見る

Q+スポーツ部 女子バスケ 最高峰チーム

昨日、日本女子バスケットボールリーグで活躍する選手たちが沖縄で迫力のプレーを見せてくれました!きょうから新シーズンへのスタートを切ったJ3・FC琉球の新体制発表会見とともにご覧ください。 日本女子バスケットボールの最高峰チームが6年ぶりに沖縄にや...続きを見る

Q+スポーツ部 紫雲旗杯 県内高校柔道の頂点は

続いては、QAB紫雲旗争奪高校柔道選手権です。1枚の全国切符をかけて熱戦を展開する選手たち中にはお互いを知り尽くしたもの同士の戦いもありました。 磨き上げた力と技をぶつけ合うQAB紫雲旗争奪高校柔道選手権大会。全国大会への切符をめざし、県内12校、50人...続きを見る

辺野古反対!国会包囲に約7000人

基地問題は沖縄だけの問題ではない。硬直する辺野古の現状に本土でも支援の輪が広がっています。基地建設反対の声を安倍総理に届けようと25日、国会議事堂をおよそ7000人が包囲しました。 このイベントは環境保護や平和運動に関わるおよそ50の団体や個人が...続きを見る

辺野古埋め立て承認の検証委員会を発足

辺野古の埋め立て承認の手続きに、法的な瑕疵がなかったかを検証する第三者委員会が、発足しました。 辺野古反対を掲げ当選した翁長知事が、肝入りで設置する検証委員会。今後、承認の取消しや撤回も視野に、手続きに法的な瑕疵がなかったか本格的な検証に乗り出し...続きを見る

安慶田副知事・防衛局へ要請

また、安慶田副知事は、沖縄防衛局を訪れ、検証が終わるまでボーリング調査等の作業を見合わせてほしいと要請しました。 安慶田副知事は「事業者へは事情を推察の上代替施設建設に係る調査等を見合わせるなど特段の配慮をお願いします」と伝えました。安慶田副知事...続きを見る

知事が海保と県警の警備に要請

一方、辺野古で阻止行動をしている人たちにケガ人が出ていることを受け翁長知事は、県警と海上保安庁に対し、安全最優先の警備を求めました。翁長知事は先ほど県警本部の小林警備部長と面談し、安全最優先の警備を求めました。 翁長知事は「私は県知事としては県民...続きを見る

知事公室長など3人に辞令

翁長県政の運営を支える公室長など部長級3人に辞令が交付されました。辞令を受けたのは、基地問題などを担当する町田優知事公室長、予算などを担当する平敷昭人総務部長、辺野古の埋立て問題が注目される末吉幸満土木建築部長の3人です。 翁長知事は、「県民生活...続きを見る

サトウキビ畑で火事

26日未明南城市のサトウキビ畑で火事があり、警察と消防が出火原因などを詳しく調べています。火事があったのは南城市玉城にあるサトウキビ畑です。 26日午前3時40分ごろサトウキビ畑から火が出ているのを通りがかりの男性が発見し通報しました。火は駆け付...続きを見る

世界遺産の識名園で防火訓練

きょう1月26日は文化財防火デーです。那覇市にある世界遺産の「識名園」では職員による防火訓練が行われました。1949年のきょう世界最古の木造建築物、法隆寺で火災が起きたことをきっかけに1月26日が文化財防火デーと定められています。 那覇市の「識名...続きを見る


1 / 212

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.