2014年10月31日 18時33分

基地内立てこもり事件で町民に不安…

10月30日北谷町にあるキャンプ桑江で起きた海兵隊員による立てこもり事件、地元住民に不安が広がっています。

事件を受けて北谷町民は「基地問題ですかね。不安ですよね、身近でそういうことがあるのは」や「民家からも近かったみたいで嫌だと思います」などと答えていました。

10月30日の午前北谷町のキャンプ桑江で海兵隊員の男1人が自宅に立てこもった事件。現場が、民間の住宅地に隣接していたことや、一時、発砲の可能性も取りざたされたことから地元住民には不安が広がってます。

この事件を受け、北谷町の野国昌春町長は「銃の保管の仕方も含めて、確認をしておかないと、フェンス1つ隔ててこういうことが起こるとこれからも不安がありますので」簡単に持ち出せないような仕組みを取ってもらわないと基地の中と言えども、不安があるということですね」と答えました。

北谷町では今後、詳細を把握する必要があるとしています。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.