2014年9月30日 18時36分

渡久地議員「知事・政府は普天間閉鎖の機会潰した」

30日の県議会で共産党の渡久地修議員は防衛省が出した資料を入手したとして防衛省がオスプレイ配備に対し沖縄側の反発を懸念していたにもかかわらず知事や政府が普天間基地閉鎖の機会を潰してしまったと訴えました。

渡久地議員によると入手した防衛政策局の資料には普天間基地の移設問題やオスプレイ配備は「県民からの理解が得られていない」「万が一事故の際には全基地撤去運動に繋がりかねない」という防衛省の懸念が明記されています。

30日の県議会で渡久地議員は「防衛省には普天間移設やオスプレイ配備を懸念する声があったにもかかわらず知事の埋め立て承認や政府の動きなどが普天間基地閉鎖の機会を潰した」と指摘しました。

これに対して又吉進知事公室長は初めて資料を見たとしたうえで「県内移設に反対の声があることは十分に認識している、普天間基地の危険性除去のため辺野古移設は唯一の解決策だ」と述べるに止まりました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.