2014年8月31日 17時55分

空手団体形 県出身の3人が優勝

31日、空手の世界大会、空手1・プレミアリーグは決勝戦が行われ、男子団体形で県出身の3人が優勝しました。

空手発祥の地、沖縄で行われた日本初開催のプレミアリーグには、世界44の国と地域からおよそ320人の空手家たちが集結。2日目の31日は決勝戦が行われ、世界最高峰の技を繰り出しました。

中でも注目されたのが、県出身の喜友名諒・上村拓也、金城新が挑んだ男子団体形決勝。

見事優勝を飾り、地元沖縄を沸かせました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.