2014年5月31日 11時54分

新基地建設反対の稲嶺市長 弁護士が支える会

新基地建設に反対する名護市の稲嶺市長を弁護士らが法律面で支える会が30日夜、名護市で開かれました。

「辺野古埋め立てに係る名護市長懇話会」は政府が進める辺野古への新基地建設に対する市長の許認可権限などについて、弁護士らが助言するものです。

会は非公開でおよそ2時間に渡って行われ、政府による基地建設予定地周辺の漁業制限水域の拡大などについて対応を協議しました。

会の終了後、記者団の質問に、同会事務局長の三宅俊司弁護士は「国は市長権限が強力で、市長権限によって押し返していくことがわかっているからこそ今のような状況を変えていくような対応をしてくるんだと思っている」と述べました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.