2014年1月28日 18時35分

県教育庁 米軍車両 高校への無断侵入に抗議

News Photo

1月、アメリカ軍車両が読谷村の高校に無断侵入した事に対し県教育長が、外務省を訪れ「生徒たちに大きな不安を与えた」と抗議しました。

これは、1月17日、登校時間帯の午前8時20分頃、県立読谷高校の敷地内にアメリカ軍嘉手納基地所属の車両3台が無断で侵入し、方向転換をして去ったものです。

外務省沖縄事務所を訪れた諸見里県教育長は、「県民でさえ無断で学校に侵入しようとは思わない。非常識極まりない事態で、生徒や保護者に大きな不安を与えた」と抗議し、再発防止を求めました。

諸見里明県教育長は「米軍という軍隊が学校教育という場に全く一切断りもなく侵入するということに対し、私は本当に憤りを持っております」と訴えました。

アメリカ軍車両の教育施設への無断侵入は2007年以降今回で5件目です。対応した松田副所長は、「今後もアメリカ軍に繰り返し注意喚起をするしかない」と答えました。

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.