2014年9月10日

Q+リポート 二つ目落語家 立川笑二さん

きょうは、沖縄で初めての落語家となった読谷村出身の「立川笑二」さんを紹介します。 落語家になるには師匠を探し弟子入り。「前座見習い」、「前座」、「二つ目」、「真打」とわかれており、「二つ目」からが落語家と名乗れます。 二つ目まで10年かかったと...続きを見る

辺野古は過去の問題・争点にならない

菅官房長官「日本は法治国家なので仲井真知事が2013年の暮れに承認してくれた。それに基づいて粛々と工事しているから、その問題については過去の問題だと私は思っている」 10日の会見で飛び出した「辺野古は過去の問題で、知事選の争点にはならない」と...続きを見る

県知事選 翁長那覇市長が出馬を表明

「辺野古は過去の問題」本当にそうでしょうか。政府からこのような発言が飛び出す中、辺野古への基地建設に反対する那覇市の翁長市長は、きょうの那覇市議会9月定例会で「期待に応えることが政治家としての集大成」として、11月の県知事選挙への出馬を表明しました...続きを見る

翁長市長はなぜ出馬を決めたか

翁長市長はなぜ出馬をしようと思ったのか。これまでの発言にその思いが垣間見える。 前回の県知事選挙で仲井眞知事の選対本部長を務めた翁長那覇市長。あれから4年。2人は闘うことになった。翁長市長と言えば、1997年から自民党県連の幹事長を務めるなど...続きを見る

辺野古区長ら 新内閣に要請

基地建設が進められる名護市辺野古区の区長らが、菅官房長官らと面談し、基地を受け入れる条件としての補償や振興策などを求めました。10日午後、官邸で菅官房長官と面談したのは、仲井眞知事と名護市辺野古周辺の久辺3区の区長らです。 区長らは、本格的な...続きを見る

名護市議選 当選証書を交付

9月7日の名護市議会議員選挙で当選した市議らに、10日当選証書が交付されました。交付式では、今回の選挙で当選を果たした27人に、当選証書が手渡されました。 市選挙管理委員会宮城直勝委員長は「市民の期待に応え、名護市の発展のために尽力してほしい...続きを見る

山口沖縄担当大臣 普天間など視察

9日から沖縄を訪れている山口沖縄担当大臣は10日普天間基地などを視察しました。就任後初めて沖縄を訪れている山口俊一沖縄担当大臣は宜野湾市役所を訪れ佐喜真市長とともに普天間基地を視察しました。 佐喜真市長は普天間基地が市街地の真ん中にあり市の面...続きを見る

県知事選 翁長那覇市長が出馬表明

那覇市の翁長雄志市長は10日の那覇市議会9月定例会で「期待に応えることが政治家としての集大成」と述べ、11月に行われる県知事選挙への出馬を表明しました。 翁長雄志那覇市長は「今、沖縄の未来を拓くため、私に期待する声、私の力が必要という声がある...続きを見る

辺野古区長ら補償など政府に要請へ

基地建設が進められる名護市辺野古区の区長らが、政府に補償などを要請するため上京しました。午後には仲井眞知事と共に菅官房長官らと面談する予定です。 10日午前、東京へ出発したのは久志区を除く久辺3区の区長らです。 区長らは本格的な基地建設...続きを見る

海保の拘束で男性けが 辺野古ボーリング調査

9日、名護市辺野古のボーリング調査現場で抗議行動に参加していた男性が、海上保安庁の職員に拘束された際、首や顎にけがをしました。 けがをした男性によりますと、9日午後0時半ごろ、ボーリング調査現場のフロートの内側に入ったところ、海上保安庁の複数...続きを見る