2014年8月13日

墜落から10年 動かぬ基地 私たちが伝えた8・13

事故から10年となった沖縄国際大学です。当時、事故現場はアメリカ軍により封鎖され、民間地でありながら私たちマスコミはもちろん、警察も、消防も立ち入ることが出来ない異常事態となりました。あの日、私たちQABのカメラは何を捉えたのか。振り返ります。 ...続きを見る

「過去の出来事にはしない」学生たちの取り組みは今

沖縄国際大学へのヘリ墜落から10年。今の殆どの学生にとっては、小学校の時の出来事です。自分の大学で起きたことを遠い過去の出来事にしてはいけない、と活動している学生たちの取り組みを追いました。 アメリカ軍のヘリが大学に墜落して10年。現在大学に通う...続きを見る

沖国大で集会「大学から平和発信を」

ヘリ墜落事故から10年となる13日、宜野湾市の沖縄国際大学では普天間基地から沖縄を考える集会が開かれ学生らが平和への思いを強く訴えました。 13日の集会では、沖縄国際大学の大城保学長が、「危険この上ない普天間飛行場を即時閉鎖し、撤去、返還する...続きを見る

宜野湾市長ヘリ墜落から10年会見

宜野湾市の佐喜眞淳市長は13日、会見をひらき、普天間基地の閉鎖・返還に向け今後も仲井眞知事と取り組む姿勢を示しました。 13日、会見に臨んだ佐喜眞市長は「事故から10年が経過した今なお、普天間飛行場が宜野湾市のど真ん中に存在し続け、市民の危険...続きを見る

宜野座村、HH60ヘリ墜落で現場立入り調査

2013年8月、宜野座村のキャンプハンセンにアメリカ軍のHH60ヘリが墜落した事故を受け村は13日、中断していた基地内ダムからの取水再開を検討するため現場への立ち入り調査を行いました。 宜野座村では、2013年8月の墜落事故以来、機体から有害...続きを見る

沖国大ヘリ墜落から10年写真展

沖縄国際大学にアメリカ軍のヘリコプターが墜落した事故から10年となる13日、大学では写真や資料を集めた展示会が始まりました。 会場には、事故当時の写真をはじめ、普天間基地の建設前から現在までをとらえた航空写真など160点が紹介されています。 ...続きを見る

西普天間住宅地区 15日から文化財試掘調査に着手

2015年3月に返還予定のキャンプ瑞慶覧西普天間住宅地区の跡地利用について、宜野湾市は15日から文化財の試掘調査を始めます。 12日に開かれた跡地利用を話し合う協議会には地権者をはじめ、宜野湾市や県、沖縄防衛局の担当者らが出席。15日から市や...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.