2014年6月25日

戦場カメラマンが見た辺野古

県出身で、ベトナム戦争に従軍した戦場カメラマン、石川文洋さんの半生を描いた映画が公開され、きょう沖縄で石川さんの舞台挨拶が行われました。 石川さんは映画の中で「今回は今までにない大きな作戦だと聞いていたので、少し興奮した」「躊躇っていうのは、...続きを見る

名護市議会 制限水域拡大合意の撤回求め決議へ

名護市議会はきょう、日米が合意した名護市辺野古沖の立ち入り制限水域の拡大に反対し、撤回を求める決議と意見書を賛成多数で可決しました。25日の名護市議会、6月定例会の最終本会議では、6月20日の日米合同委員会で合意されたキャンプシュワブ沿岸部の立ち入...続きを見る

市民団体が制限水域拡大に抗議

また、辺野古の基地建設に反対する市民団体が、会見を開き制限水域の拡大に抗議しました。会見を開いたのは、「基地の県内移設に反対する県民会議」の代表者らです。 代表者らはこの中で、臨時制限区域として日米で共同使用できるのは、アメリカ軍が一時的...続きを見る

三世代交流たなばた会

7月の七夕の日を前に、福祉センターを利用する、お年寄りと子どもたちが短冊づくりを楽しみました。 七夕会には施設を利用するお年寄りや、子ども達およそ100人が参加しました。子どもたちは、お年寄りが作った短冊にそれぞれの願い事を書いてもらっていました...続きを見る

JICAボランティア活動報告

JICAのボランティア事業で、開発途上国の支援に携わる12人が県庁を訪れ、活動報告をしました。12人は、2014年3月にボリビアとウガンダラオスから帰国した3人と、6月、南米やアフリカなどに出発する9人です。 帰国した3人はインフラの整備...続きを見る

名護市議会 辺野古制限水域拡大撤回求め決議へ

名護市議会の最終本会議で、日米が合意した名護市辺野古沖の制限水域の拡大について撤回を求める決議文が提出されました。賛成多数で可決される見通しです。 25日に最終日を迎えた名護市議会では、20日の日米合同委員会で両政府が合意した辺野古沖の立ち入...続きを見る

早削りも披露 名嘉睦稔さん台湾で二人展

県内外で活躍しているアーティスト・名嘉睦稔さんが、台湾の著名な芸術家と初めての二人展を台湾で開催しました。 台湾・鶯歌市のギャラリーで開かれた二人展は、名嘉睦稔さんと花をモチーフに創作活動を続けるパイ・フォン・ツォンさんの作品60点が展示され...続きを見る

4月観光客数増加 19カ月連続前年越え

4月に沖縄を訪れた観光客の数は56万5600人と、19カ月連続で前の年を上回っています。 県によりますと、4月に沖縄を訪れた観光客の数は56万5600人で、2013年の4月に比べて9.5パーセント増加。19か月連続で前の年の同じ月を上回ってい...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.