2014年3月29日

自民党県連大会 新会長に西銘衆議院議員

自民党県連の大会が開かれ、辺野古移設容認への方針転換以降、空席となっていた会長職に西銘衆議院議員が就任しました。 自民党県連は西銘恒三郎衆議院議員を会長とし、具志孝助さん、新垣哲司さん、翁長政俊さんを副会長とする新たな役員体制をスタートさせしまし...続きを見る

市民グループ 辺野古の海で浜下り

政府が普天間基地の移設予定地とする名護市辺野古の海で、市民グループが企画した浜下りが行なわれました。浜下りは自然に感謝しながらみんなでこの辺野古の海を守っていこうと企画されました。 29日は県内各地からおよそ100人が参加。「かぎやで風」を踊った...続きを見る

自民党県連・党紀委員会 那覇市議12人を役職停止処分

自民党県連は29日に党紀委員会を開き、知事の埋立承認に抗議する意見書に賛同した自民党県連所属の那覇市議会議員12人を役職停止とする処分を決定しました。 自民党県連は、2014年1月に那覇市議会で決議された知事の埋立承認に抗議する意見書に賛同した安慶田光男...続きを見る

普天間跡地利用で意見交換

普天間飛行場の跡地利用について意見を交わすフォーラムが28日、宜野湾市で開かれました。 フォーラムでは沖縄国際大学の名嘉座元一教授が基調講演を行い、人口150万人を目指す県の人口増加計画を説明し「人と自然が交わるような生活空間を実現し返還跡地活用...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.